審査が甘い消費者金融って本当にあるの?

審査が甘い消費者金融って本当にあるの?

消費者金融を利用したいと思ったら、消費者金融に申し込みをして審査を受ける必要があります。この審査でいくらまで貸して良いか、そもそも貸すだけの信用がある人物かどうかを判断されます。そして、残念ながら審査に落ちてしまうことあるんです。審査に落ちればもちろん消費者金融を利用することができませんから、なんとかして審査には受かりたいですよね。雑誌や街中の広告で「誰でもOK」なんていうものも目にしますが、審査が甘い消費者金融なんて本当にあるんでしょうか。

審査が甘い、ということは、何か問題を抱えていたとしてもお金を貸してくれるということです。それは貸す側にとってもリスクがあるはずですから不安ですし疑わしい気持ちが出てきてしまいますよね。どうしてお金を貸すことができるのでしょうか。

まず、一般的に審査に落ちてしまうような問題ってどういうものでしょうか。過去の借り入れで返済が遅れてしまった延滞経験がある、自己破産や任意整理などの債務整理をしてしまった…こういうことでブラックリストに載ってしまったという場合、または、現在他の消費者金融から借り入れをしていて返済中、なんていう場合も考えられます。つまり、ちゃんと返済してくれるという信用に欠ける場合に審査が通らない可能性が出てくるんです。

それでも貸してくれるというのは助かるかもしれませんが、やはり他で断られてしまうような状況ですから、好条件での借り入れは望めません。金利は高めになっていることが多いですし、借り入れの何%かを保証料として上乗せした返済を求められることもあります。うまい話ばかりなはずはありませんから、見極める目が大切なんですね。消費者金融を申し込むときは冷静に判断しましょう。