消費者金融キャネット

消費者金融キャネットよりも全国展開の業者が優先される理由とは?

地元密着の消費者金融で借りていた場合の欠点

消費者金融というのは名前の通り、私達消費者にとって身近な存在である事が多いです。身近という言葉の中には様々な意味が含まれていますが、地元に済んでさえいれば使いやすいという事で、そこに住み続けるなら低リスクながらもリターンがあると言えるでしょう。

私も一度家具の買い替えで消費者金融を利用しており、その時に利用したのが消費者金融キャネットでした。キャネットは毎月の返済額が少なめで良く、当時の収入が少なかった私にとっては非常にありがたい存在でした。借りた金額と比例して返済額は小さいので、長い時間をかければゆっくり完済もできるのです。

しかし、私は仕事の都合で引っ越すことに決まり、これがキャネットの利用が難しくなった理由となったのです。キャネットはサービスは悪くないのですが県外には支店が存在せず、実質的に利用できなくなるという事と同義です。これではどんなにサービスが良くても意味がなくなってしまいますよね。

ゆえに私のキャネットの利用は引っ越しまでで終わりました。さすがに引っ越しを止めるわけにはいかないのでこれはどうしようも無く、消費者金融に愛着というのも変ですが、お世話になったのは事実ですので、少し勿体無い気もしながら県外に向かうことになりました。

こうなる前に大手のカードローンを作っておこう

そして県外でもお金を借りなくてはならない場面になり、次はどこから借りようか…と悩んでいたところ、私はテレビCMでも有名な大手消費者金融の支店を見つけ、そしてそこのカードローンを作ることにしたのです。

そしてそのカードローンを作った時、もっと早くこちらを作っておくべきだったと少しだけ後悔しました。キャネットももちろん良かったのですが、この大手消費者金融のカードローン審査甘いのには大きな強みがありました。

それは県外であっても使えるという事ですね。私が大手消費者金融を選んだのにはひとえにこの理由が大きく、引越し先にも地元密着型の消費者金融はあったのですが、同じ轍は踏みません。

そのカードローンというのは全国展開なので使える場所というのが非常に多く、さらにカードローンという形態なので一度作っておけばどこでも持ち歩けて、たとえ旅行で一時的の滞在であってもそこに転勤して長く居続ける場合であっても、ずっと使っていけるのは面倒な作り直しなどが無くなるのです。

一度地元密着型の消費者金融を使ったからこその意見ですが、もしも転勤などの可能性があるなら一考の余地はあります。今から契約しようとしている消費者金融が全国展開かどうか確認しておくのは無駄ではありません

借金の返済遅延ってどういう影響があるの?

借金ってお金を借りること、っていうのは皆さんわかっていると思います。でも、借金するっていうことは返済することもセットで考えなければいけません。ただ借りるだけであれば誰も悩んだり困ったりしなくて済みますからね。借金をするときには、しっかり返済できるかどうか考える必要があるんです。

もし借金して返済遅延になってしまった場合、どんな影響があるのでしょうか。返済を振り込みにしていた場合、本当はいけませんが、ついうっかり返済日を忘れてしまうことがないとは言えません。そこで2・3日遅れてしまった…という場合、借金先にもよりますが、大目に見てくれるところもあるようです。しかし、大抵の場合は、遅延したペナルティ、遅延手数料が発生することになります。この遅延手数料は契約時に記載されていますから知りませんでした、というわけにはいきませんね。

お金が余計にかかってしまう、それも痛いことなんですけど、もっと深刻なことがあります。それが信用情報への事故情報登録です。信用情報って誰がいついくらお金を借りていつ返した、っていうことが記載されている情報なんですけど、この情報ってその借金先だけじゃなくて、各禁輸機関や貸金業全てが見ることが出来る共有情報なんです。

この情報に事故情報、つまり返済遅延情報が載ってしまうということは、すべての金融機関、貸金業があなたの返済遅延について知ってしまうという事になりますから、新たに借金をする場合、クレジットカードを作る時に審査に通らなくなる要因になってしまうんです。

ちょっとぐらいいいかな、と思って甘く見た返済遅延が、将来大きく影響してくることもあり得ますから、返済については十分に考えてから借金するようにしてください。

消費者金融の利用でネットが便利!詳しく教えます

インターネットが普及してきて、今ではいろいろなことがネット上で出来るようになりました。消費者金融の申し込み、利用もネットでいろいろできることを知っていましたか?知っているととっても便利な消費者金融のネット利用、具体的にはどのようなことがあるのでしょうか。

まずは申し込みのネット利用ですね。ネットであれば24時間、365日申し込むことが出来ますから、時間や場所を気にする必要がありません。平日の日中は仕事をしていて時間がない、そんな人には助かりますよね。自宅に帰って、ちょっと時間が空いたときに申し込むことが出来るんです。

他にも便利なことがあります。それはネットからの借り入れ申し込みです。消費者金融の利用は発行されたカードを使ってATMから引き出すほかにも、自分が指定する口座に振り込んでもらうという方法もあります。その振り込み指示をネットから行うことが出来るんですね。利用できるATMまで行くのが面倒な場合でも、ネットから振り込みを依頼できるのであればその手間も省くことができます。

また、通常であれば電話連絡をして書類を提出しなければいけないような手続き、住所変更などもネット上で可能なものが増えてきました。会員登録をすることで、残高や返済シミュレーションがネット上で確認できるんです。いちいち電話をする手間がない、そして、電話するには営業時間を気にしなければいけないというのも大変ですからね。それが面倒で変更していなかったら、あとから音信不通になったと大変な騒ぎになる可能性もありますから、変更手続きはきちんとしておきましょう。

消費者金融のネット利用、上手に使えばとっても便利です。これからももっと出来ることは増えてくるでしょうから、ぜひ有効に活用してみてください。

借金の申し込みで無人契約機を使えば即日借り入れも可能に!

借金の申し込み方法ってどんな方法が浮かびますか?まずは窓口での申し込みですよね。そして電話での申し込み、あとは郵送やインターネットでの申し込みを受け付けてくれる借金先も増えてきました。急いでなければ電話や郵送、インターネットの申し込みは誰にも会わずに申し込めて便利なんですけど、やっぱり時間がかかってしまいますよね。窓口に行けば確実だしスピーディーだとは分かっていても、周囲の目が気になりますからなかなか足を運びづらい…。そんなときにオススメなのが無人契約機での申し込みです。

無人契約機って1人で入る個室のようなスペースに機械が設置してあるものですね。この機械操作は、画面指示に従って入力していくだけで誰でも簡単に使用することができるんです。無人契約機で申し込むと、審査もその場で行ってくれて、審査結果が良ければそのまま契約することができます。契約後はカードが発行されて、すぐに利用できるようになるんですよ。

つまり、無人契約機なら申し込み、審査、契約、カード受け取りまで全部その場で行えちゃうんです。だから即日借り入れが可能なんですね。だいたい申し込みからカード受け取りまでは30分~1時間程度だと思ってれば良いでしょう。

でも、いくら無人契約機がスピーディーだからといっても、審査する人が働いている時間じゃないと審査してもらえません。無人契約機の営業時間はもちろん確認が必要ですが、営業時間終了ギリギリに申し込んだ場合、審査を翌営業日に回されてしまうことだってありますから、申し込み時間には気を付けるようにしてくださいね。

レディース専用の借金、デメリットってあるの?

女性専用の商品が何かと増えてきましたけど、借金にだってレディース専用の借金があるんですよ。もちろん、レディース専用ということでいろいろな特典があるのですが、反対にデメリットってあるのでしょうか?

レディース専用の借金のメリットとしては、もちろん担当スタッフが全員女性だという点があります。女性が対応してくれるということでの安心感、これが一番なんですね。また、レディース専用ということで専業主婦の借金にも対応しているということは助かる部分でもあると思います。

一方、デメリットもあるんです。それが金利の高さです。レディース専用っていうことは、金利が低いんじゃないかって思うんですけど、実は逆なんです。なぜなら女性の収入がまだまだ安定しているとは判断されていないんですね。確かに生活スタイルも変わることが多いですから、結婚や出産で収入がなくなることだってありえます。だからリスクを考えて金利が高めに設定されているんですよね。

また、他にもデメリットがあるんです。それは借り入れ金額の低さです。どうしても限度額が低めになってしまうんですね。専業主婦が借り入れ出来るのが魅力でもありメリットでもあるんですが、その借り入れ限度額10万円程度になることも珍しくありません。場合によっては5万円ということもあります。お金を借りることが出来る分良いのかもしれないですが、確かに少なすぎるかなぁという気もします。

レディース専用の借金を利用する際には、メリットはもちろんですがデメリットもきちんと把握してから利用するようにしたいですね。

キャネットで土日の問い合わせや申し込みってどうしたら良い?

消費者金融でお金を借りようと思ったときはまずどういう所なのか調べる、という人もいるのではないでしょうか。ホームページを見て基本的なことを知っておこう、と考えることはとても良いことですね。何の情報もないまま申し込みをしようとしても、必要なものが足りなくて二度手間になる、いざ利用してみると借り入れや返済方法が面倒なものだった、なんてことがあるかもしれません。

また、いろんな気になるところ、疑問に思うことが出てくることもありますよね。でも平日って仕事してるし電話する時間も、ましてや支店窓口に行く時間もない、なんて人も多いと思います。キャネットは土日の申し込み、問い合わせって受け付けてくれるのでしょうか。

申し込みや問い合わせがどうしても土日になってしまう、そういうときもキャネットなら大丈夫です。まず申し込みですが、キャネットの申し込み方法は3つ、支店窓口での申し込み、電話での申し込み、そしてインターネットからの申し込みです。窓口や電話は営業時間のみですが、インターネットであれば土日はもちろん24時間申し込み可能ですから心配する必要はありません。また、問い合わせもメールで行うことが可能です。メールであれば、送信しておくだけで営業時間にチェックして返信が返ってきます。これなら時間も場所も関係なくてすみますよね。

時間がないから無理だとあきらめないで下さい。ちゃんと土日の対応もしてもらえますから、疑問があればメールを、そして実際申し込んでみたいときはインターネットを活用して下さいね。

キャネットは審査スピードが速いってホント?

キャネットは即日融資可能!と宣伝している消費者金融ですね。即日融資ができるっていうことは、つまり審査のスピードもかなり速いということになりますが、本当にそんなに早く審査できるのでしょうか?

キャネットは、電話や窓口で申し込みをすることができます。インターネットからもできますね。申し込み時間が14時までに行われれば、基本的にはその日で審査を行って、審査が終わり次第その結果を連絡してくれるんです。審査結果をその日で出す、ということを基本にしていますから、キャネットの審査スピードが速いというのは本当なんです。

審査さえ通ってしまえばあとは融資してもらうだけですね。融資方法は振り込みか窓口での現金渡しになります。振り込みであれば窓口まで行かなくても済みますし、利用できるATMがあるところならどこでも引き出すことができますから便利ですね。早ければ、朝一で申し込みをしてお昼にはお金を振り込んでもらう、ということもできますから、キャネットはとっても便利な消費者金融だと言えます。

ただ、審査スピードが速いからと言って誰でも審査に通るということにはなりません。収入に不安があったり、今まで延滞したことがあったりすれば審査に落ちてしまうことだって十分に考えられます。審査がおろそかになっている、ハードルが低いという事ではないんですよ。

審査スピードが速い分、万が一審査に落ちたときは他の対応も考えやすいでしょうから、いくつか手段を考えておくと良いかもしれませんね。

借金の一括返済で手数料がかかるってホント!?

借金を返済するのは基本的に毎月決まった日にちに指定額を返済、というケースがほとんどですよね。ただ、この指定額は最低金額ということなので、余裕がある時に多め多めに返済するという事も可能なんです。ちょっと余裕がある時にまとまったお金を返済することを繰り上げ返済と言います。早く返済が終われば、その分支払う金利の総額が少なく済むので、できるのであれば少しずつでも繰り上げ返済していきたいんです。

では、一括返済はどうでしょうか。借金の残高を全部一括で返済してしまうんですから、もちろんかかってくる金利も少なくて済みますよね。ものすごくお得になるイメージがあります。でもこの繰り上げ返済と一括返済、両方とも手数料が発生するって知っていますか?

繰り上げ返済も一括返済も行った時には手数料が発生します。それはどうしてでしょうか。まず、繰り上げ返済や一括返済はお金を借りている人にとってはお得なことですが、お金を貸している銀行にとっては出来るだけやってほしくない事なんです。利息分の支払いがお得になるっていう事は、その分得られるはずだった収入が得られなくなってしまいますからね。それに繰り上げ返済や一括返済を行うことで発生する事務作業もありますから、その手間代だとも言えます。

ではその手数料、いくらぐらいかかるのでしょうか。実はそこまで高額なものではありません。繰り上げ返済であれば、ネットバンクを利用することで手数料が無料になる、というところも多いですし、一括払いでも5000~20000円程度の手数料を支払うだけで済むようです。ただ、残額次第ではもしかしたら一括返済手数料の方が金利よりも高くついてしまう可能性がないわけではないですから、繰り上げ返済、一括返済を行う時は、きちんと考えてから実行するようにしましょう。

お金を借りるなら優良業者を選びたい!どこを見れば分かるの?

どうしてもお金が足りなくて今月分の家賃、光熱費の支払いが厳しい、今度ある会社の飲み会費用、慰安旅行費用が捻出できない、引っ越すのに引っ越し代や家具家電代が出せない…そんなとき、お金を借りてどうにか対処しようって考えるのは普通ですよね。でもお金を借りるって緊張するし不安ですし、できれば優良な業者を選びたいと思いませんか?でも優良業者ってどこで判断すれば良いのでしょうか。

消費者金融って聞くとどこも怪しい業者に思えてしまう、そんな人もまだまだ多いと思います。確かに、怖いイメージがあるのは過去にそういう行為が露呈したという事実があるためなので、そのマイナスイメージを完全に払しょくするのって時間がかかると思うんですよね。でも、今の消費者金融はそんな怖い思いをすることなく、安全に利用できるようになっているんです。

では、消費者金融の優良業者を見極めるにはどこを見れば良いのかですが、まずはテレビでCMを見るような業者は優良だと考えてもらって大丈夫です。詐欺まがいの業者がテレビでCMを流すことはできません。つまり、テレビCMを流しているというだけで優良業者ということを証明しているのです。

また、消費者金融など貸金業を行っている業者は、必ず貸金業登録をする必要があります。これは法律で決められていますから、違反すると3000万円以下の罰金が科せられるなど重い処罰を受けることになります。優良業者は、ホームページを見るとこの登録番号をきちんと記載している場合が多いので、この登録番号を記載している業者は優良業者、と判断して良いでしょう。

ただ、優良業者だからと油断せず、金利や返済方法など他の条件もしっかり見た上で、納得して利用するようにしてくださいね。

消費者金融を比較するならココをチェックして!

消費者金融を選ぶとしたらどこを見て選びますか。もちろん、これだけの会社の数がありますから、何かを比較して選ぶことになると思います。では、どこを比較すれば自分にとって良い消費者金融を見つけることが出来るのでしょうか。

消費者金融を比較するポイント、まずは金利ですね。当然、支払わなければいけない金利は低い方が良いに決まっています。ただ、金利が低いからと安易に決めてしまってはいけません。なぜなら、その金利の低さには条件がある場合があるからです。初回の借り入れのみ適用、申し込みから一定期間のみこの金利が適用、などのキャンペーン、サービス金利になっている場合、その適応期間が過ぎればかえって高い金利を払わなければいけないこともあります。適応条件についてしっかり確認するようにしましょう。

次に比較するポイントとしては借り入れ・返済できる方法にどのような方法があるかということですね。今ではATMで借り入れも返済もできる、というものが多いですが、返済は自動引き落としも利用できれば忘れる心配もありませんし確実ですよね。借り入れはATMを利用できるのは便利ですが、利用できるATMの数が少なければ自分の行動範囲内にそのATMが無いかもしれません。どのATMが利用できるのか、返済方法はどのような方法があるのかについて比較して、自分が利用しやすいものを選ぶと良いですね。

あとは申し込みから実際借り入れするまでにどのくらいの時間がかかるか、そのスピードを比較してみると良いでしょう。急いでいるときは即日融資可能な消費者金融が助かりますよね。ただ、そういう消費者金融は金利が高めになっている場合も多いですから、そこは事前にしっかり確認するようにしましょう。

お金を借りるのに年齢制限があるのはどうして?

お金を借りるときにはいろいろ条件がありますよね。もちろん返済しなきゃいけないわけですから、収入があることを条件とするのは仕方ないと思います。でも、ほとんどというか全ての消費者金融が年齢制限を設けて言いますよね。どうして年齢制限があるのでしょうか。

消費者金融をはじめ、お金を貸すところが年齢制限を設けていることにはもちろん理由があります。まず、ほとんどの年齢制限が20歳以上としているのは、未成年への貸付に対して責任を負うことが難しい、相応のリスクを負うことはできない、という理由です。社会的責任が発生するのは20歳以上ですから、お金を借りるという事も20歳以上を条件としているんですね。

では、上限はどうでしょうか。これはお金を借りるところによって異なりますが、60歳、65歳、70歳を上限としているところが多いようですね。この年齢は一般的に定年を迎えて年金生活になる年齢です。つまり、安定した毎月の収入が年金のみとなってしまうため、毎月の返済について不安が出てきてしまうんですね。また、この年齢になってくれば再就職を探すというのもなかなか難しくなります。ですから、年齢上限が設けられているのです。

申し込み条件は、年齢制限もそうですが貸す側の利益を守るための者だけではありません。借りる側もトラブルにならないように設けられている条件になります。何も嫌がらせをしようと思って条件を作っているわけではありませんから、申し込み条件に合致しない場合は仕方がないことと諦めて、別の方法を探すようにしましょう。